バイク保険の基礎知識

保険の基礎知識


【人身傷害補償保険】


自動車保険の自由化にともない誕生した保険が人身傷害補償保険制度です。
この保険が出来る前は、相手からの補償が期待できない単独事故などの場合には、限られた補償に頼るしかありませんでした。

相手がある事故で、被害者となりケガ等をした場合、相手方の加入している自賠責保険や任意保険からの支払を受けられます。しかし、単独事故や、相手があっても明らかにこちら側の過失が大きい場合は、制度上相手から満足のいく補償を受けることができません。このような場合にも治療費などの心配をしなくても済むようにと商品化されたのがこの保険です。

具体的には、加入者の人身事故はまず自分の保険から損害の全額が支払われることになります。加害者に対する損害賠償請求権を保険会社が取得し、被害者に代わって加害者と交渉を行います。
従来の保険では、被害者になった場合でも被害者の過失分が相殺されて保険金受取額は少なくなりますが、この保険では損害の全額が支払われるというメリットがあります。

制定されて間もない保険ですが、その保証制度と質の高さから今では多くの保険会社が取り扱う保険となっています。

   

ページトップへ