バイク保険の基礎知識

保険の基礎知識


【対人賠償保険】


対人賠償保険は、自動車の事故で被保険者が他人にケガや死亡させた場合に、法律上の損害賠償責任に対して自賠責保険等の支払額を超える部分についての保険金を支払うという保険制度です。

他人を死傷させてしまったときは、自賠責保険から支払われますが、自賠責保険の死亡補償は3000万円、傷害補償は120万円までとなっています。人の命に関わることは、補償金額がどれくらいになるか分からず、近年の賠償額は億単位になることもあるので、補償金額を無制限に設定する加入者が多い保険です。

ちなみに、自分の配偶者や子供などの家族は上記の「他人」には含まれません。自動車保険では、配偶者や子供は自分側と認定されます。家族を自分の車(※契約車両)で死傷させても運転者は補償の対象となりません。

また、自分のバイクの後部座席に自分が乗り、知人に運転してもらっている時に事故が起き、自分も運転していた知人も怪我をしてしまったような場合、自分自身は当然「記名被保険者」なので対人保険の対象にならず、さらに知人も「被保険自動車の運転者」となり支払いの対象外となります。

   

ページトップへ